2006年5月31日 (水)

100回泣くこと

『100回泣くこと』 中村航 小学館

感想。。ですね。んー。何を書けばいいのか悩んでしまいます。。

とりあえず、はなすすりながら、泣いてしまいました。苦しくて、喉が詰まる感覚がまだ直りません。なぜか寒気がします。(風邪かな。。

大切な人がいなくなってしまうとき、果たして自分はどうなってしまうのでしょうね。

病めるときも・・・健やかなる時も・・・

結婚するとき、誓いますよね。

でも、死を分かち合うことは、できないんですよね

生まれてくるタイミングと死んでしまうタイミング。。

切ないですね


大切な人って、どこでつながってるんだろうね。見れるものなら見てみたい。

でも確かに、きっと、偶然じゃない何かがありそうな気がする。

まだ、それが見つけられていないのだけれども。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

「東京タワー」

昨日に引き続いてです。今日はまた長いですよ~ご注意ください。

今 AM2:04 デス。 ホントにめちゃくちゃな生活をしています。今朝見た夢が怖くて眠りたくなかったので、『東京タワー』 リリー・フランキー 扶桑社 を読み尽くしました。めちゃくちゃな生活をしているからこそ、自分の心のままに何をするか決めることができる喜びもかみしめています。(あぁ、、でも、どうしようもない大人ですね。。)

「泣ける」とはじめに聞いていると身構えます。例えばお笑いでは「面白いから見て!」と先に振ってしまうのはタブーとされていますよね。そこで、笑いに対する要求が1段上がってしまうから。。今朝まで読み進めていて正直「泣けるんだろうか。。」と思っていました。なぜなら、先が見えているから。。。

              泣きましたね!。。やられちゃった

よくよく考えてみれば、好きなモノは何度与えられても冷めることのない感情がちゃんと湧いてきますよね。私は何度となく『マイ ライフ』という映画(これも癌のお話なんですけど)を観ては号泣。。分かっていても号泣。。デス

色んなことを考えました。母と息子という関係。あたしはもちろん、わかりません(一応女なのでw)。そこにマザコンという関係が成立するということ。。が最後の辺りに書かれていましたね。。『マザコン』ってなんなんでしょう。。あたし、はっきり言って「お母さん大好きっ子」です。リリーさんの“オカン”のように、あたしの好きなモノがあると自分お構いなしに与えてくれます。そうですね、、そろそろですけど春になると大好きなイチゴ大福を山ほど買ってきてくれます。それもしょっちゅう(笑)。子どもの好きなモノって親は敏感ですよね。喜んで欲しくて、かわいくて仕方なくて。。幸せなことにあたしはそういう母が産んで育ててくれたおかげで、愛されているのを感じながら生きてくることができました。だから、ものすごく辛かったときも「死にたい」と思ったことはありません。もしかしてあたし、マザコン?wwとふと思いました。お母さんと腕を組んだりもします。二人でお茶をしたりもします。冗談言い合ったり、テレビを見て泣きながら笑いあったりもします。彼氏ができたときもその人の話をよくします(顔はなるべく見せません。。だってイチイチいちゃもんつけるんですよー 笑)。リリーさんの“オカン”のようなお料理ができて、強くて、という母ではありません。あぁ、あたしのおかーさんだ♪と思えるような平々凡々な人です。コレといって母に教えてもらったなぁということはホント、ないんですよねぇ。。「若いのにきちんとしてるわよね。きっとお母様が躾をしていらしたんでしょうね」と以前の職場でほめていただけたことがあります。。。トンデモナイww母はかなりアバウトです。。うるさかったのは父親のほうで。。。w目上の人にはこうだとか、食事中にはあーだとかww あたしが母にもらった一番大切なものは、多分「穏やかな気持ち」だと、なんとなく、思っています。口にするのが苦手な男の人と違って、はっきりと母に向かって「おかーさんさぁ、優しいからさ。いいじゃんね。あたしもさ、おかーさんになりたいな」って言っています。あの人は何の気なしに聞いていそうですがw そう思うと、マザコンってなんなのか、ホントわかんないです。

自分が、どこで泣くのだろうと、警戒をしながら読み進めていました。本当は警戒をする必要などないのですけど、泣く、ということはとても開放的な気持ちになる幸せなことであるとともに、感情が出てしまって一気に疲れてしまうので、どうしてもこらえたくなってしまいます。(眠気を誘うためには泣きたい気分でしたけどね)

“オカン”が最後の入院をして読んでいる本を書いた人たちにリリーさんが「ありがとう」と感謝をされたところ。。で涙がこぼれてしまいました。いくつかの場面で「僕にはできないけど・・」というところがでてきます。。想いだけで、全てをして上げれるわけではなく、そこは自分ではない違う人たちが母を支えてくれている、そのことに感謝をする。。とても、泣けてしまいました。。その後に書かれた“おかん”の大好きな詩が、、これまた泣けるのです。 「あなたがそこに ただいるだけで  。。。」 これ、書くために、本を見直してて、見直しながらまた泣く自分に失笑中です。あたしはどうがんばっても素晴らしい人間には到底なれないし、キャリアウーマンにも素晴らしい母親にもなれるとも、なりたいとも思ってはいないのですが、大切な人の側にいるだけで、幸せを共有できるようになりたいと常々思っています。

完全に死に直面してから怒涛の後半はもぉ、なんがなんだか分かりません。ただ読み続け泣いてました。自分がその場にいて同じ体験をしているのか。。。それとも、自分の母親を重ねているのか、、、タダ悲しいという気持ちにものすごく襲われていて、その中でリリーさんの取る行動を、なんてステキな人なんだろうと、、あぁ、この人はもっと深いところで物事を捉えている、深い愛の中で生きているんだろうなと、、そう感じさせられるばかりでした。

いい加減にしなさいというわけでもなく、母はただ、「今日はあなたの好きなイチゴ大福買ってきたよ!」と、言うんですよね。。ストレスで仕事を辞めてから、両親は一度も「仕事、しなさい」と、私には言いません。(家事がおろそかな日が続くときには文句ぶーぶーですけどねw) あんなに恐ろしかった父も何も言いません。「今日の茶碗蒸しは美味しいな!」とあたしの作ったご飯を食べてくれます。結構、自分の中で色んな悩みや迷いはあるんですけど、今の状況はなんて幸せなんだろうとも思うのです。ずっと続くものでも、ソレを望んでいるわけでもないのだけど。。

実はあたし、あんなに東京に通っていたのに「東京タワー」に登ったことがないんです。読んで思いました。

  「自分の一番一番大切な人と東京タワーに登りたい」

色んな夢がありますが、コレがまた新しく追加されました。未来の彼氏君よろしくお願いしますね。。。誰なんだぁーーー

えー。。。もう3時過ぎ。。コレならぐっすり眠れるかな。。思ったより書きたいことが文にならなかったです。。ハイ。。。泣きすぎで目もはれてるし、明日の朝は最高に不細工でしょうね。。。アーメン。。あぁ、お嫁にいけないわ。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

『星の王子様』

Le Petit Prince    サンテグジュペリ  集英社文庫

最近、恋の相談を受けると、よく思い出すのです。それから、あるブログでも以前紹介されていて、すごく読み返したくなりました。そこで、先日のブログに書いたように、持っているはずなのにもう1冊、文庫本で購入することにしました。

これは、大人に読んで欲しい一冊です。恋をしている人、何かに悩んでいる人、または満たされていて何も心配はないような人、どんな人でも、ゆっくり読んで、何も感じないということはないと思えるのです。ごくごく当たり前のことが、とてもきちんと書かれていて、納得しやすいのです。

あたしはよく「メランコリー (退屈な憂鬱)」な状態に陥ります。大人になればなるほど、その時間は増えてきているのです。でも、答えは見えていたりするんです。だから、あえて、こういった小説だったり、絵本だったり、時には音楽だったり、お散歩だったり。。深い憂鬱の中で自分と向き合うようにしています。そうすると、自分とまた少し仲良くなれた気がするんです。んー、なんて言えばいいんでしょう。憂鬱を解消していくためには、自分を好きになることが一番なように思えるのです。元々、自分があまり好きではなかったので、あたしはそういう視点でいるんですけどね。今ではもちろん自分が好きですよ。なんとなく、自分に愛着が出てきました。( コレは年のせいですねw ) 自分をホントに好きになってきたら、自分のことを好きだと思ってくれる人にたいしても大切にしたい、傷つけたくないってホントのホントの気持ちで、思うようになりました。

****************************

「たった一つの庭で5000本のバラを育てている・・・・・それでも自分たちが探しているものを見つけられない・・・・」

「みんなが探しているものはたった1本のバラやほんの少しの水の中に見つかるのに・・・」

「目には見えないんだ。心で探さないとダメなのさ」

| | コメント (5) | トラックバック (0)